RS 200
  • aero
  • RS100
  • RS Feva
  • RS Vareo
  • RS Venture
  • RS Tera
  • RS Q'ba
  • お問い合わせ・お見積り
  • 中古艇情報
  • 納期

RS 200

イギリスでの人気はすでに主役級!!ジェネガー付 2人乗ハイクアウトディンギー

20人に1人がヨットまたはボートを所有しているといわれるイギリス。この国が世界で有数のセーリング大国であることに異論はないだろう。2004年8月に開催されたアテネ五輪ではメダルを5個を獲得し、競技ヨットの圧倒的強さを他国に見せつけた。また、2005年2月には女性セーラー、エレン・マッカーサー(28歳)が単独世界一周世界最速の記録(71日)を打ち立て、世界中を湧かせた。いまもむかしも、イギリスはセーリング文化の中心的役割を担っている。

バウポールはハリヤードと連動し、スピンのアップダウンで自動収縮する。スピンポールはアルミ製だ。

バウ先はシャープだが、ミジップに映るに連れてボリュームが増していく。ハルはGRP製でサンドイッチ構造

そのイギリスでトップクラスの人気を誇るのがこのRS200なのである。RS200のスタイルを見てわかるように、ジェネカーを採用した2人乗りハイクアウト艇である。RSシリーズに共通しているのが、まずダウンウインドで使用するジアシメトリック(非対称)スピネーカーを採用している点にある。

バウデッキ(マスト右側)にはスピンハリヤードのロックが設置される。スピンのアップダウンはクルー・スキッパーどちらでもできる。

ハルの下部をのぞき込むと安定性能を高める働きを持つ、センターボードから伸びたキールラインが見える。

あくまで風下へ向かうためのスピネーカーに対し、ジェネカーは横から風を受けるリーチングで帆走性能が発揮される。既存の日本のディンギーでは使用例が少ないが、感覚としてはジブとスピンの中間角度でセーリングする場合を想定して展開されるセールだ。つまり、もっとも風を強く受けるリーチングを帆走しているとき、セールのリーチを開く形状のアシメトリックスピネーカーを揚げることで、パワーを倍増させスピードに変換するもの。トラピーズがないために、パワーはややアンダーにセッティングされているが、RS200のダウンウインドスピードは同サイズのディンギーのなかでは最高クラスである。

底の浅いコクピット。マスト周辺にコントロールロープが集中し、ジブトラックはバウデッキ上に備わる。

フラットなコクピットがよくわかる。オープントランサムだが、センターケース後ろには簡易ベーラーもある。

メインはマイラー、ジブはダクロン製。艤装類はシンプルな構成だ。セーリングに必要十分な装備が備わる。

ハイクアウト艇ゆえセーリング練習向きでもある。艤装がシンプルなのでセーリングの基礎を学ぶにもいい 。

RS200は、RSの入門ボートであり、セーリングの学ぶトレーニングボートでもある。まずは、このディンギーで技術とレースの基礎を学び、ほかのRSへステップアップしていく、という段階的な楽しみ方もできるだろう。

4mサイズはFJ級とほぼ同サイズ。アシメトリックスピネーカーによってFJよりパワフルでスピーディな走りが期待できる。

RS200はアシメトリックスピネーカーを揚げるとたちまちスピードボートに変身する。ボートバランスを保つ練習に最適だ。

RS 200の特徴

基本スペック

  • 全長:4,000mm
  • セーリング理想体重:112~137キロ
  • リグ形式:スループ
  • スピン:有り
  • 全幅:1,830mm
  • セールエリア(メイン+ジブ):11.52m2
  • トラピーズ:無し
  • 製造元:LDC(英)
  • ハル重量:88kg
  • セールエリア(ジェネカー):8.29m2
  • ハル構造:Polyester GRP with Coremat

RS 200

ボートスペック比較表

艇種 全長 全幅 重量 セール面積
470 4,700mm 1,750mm 74.25kg 25.5m2(スピン12.9m2
スナイプ 4,720mm 1,530mm 172.8kg 9.9m2 なし
テーザー 4,520mm 1,750mm 65kg 12.06m2 なし
セーリングスピリッツ 4,300mm 1,740mm 75kg 22.5(スピン含む)
FJ 4,030mm 1,500mm 95kg 16.7(スピン7.40m2
RS200 4,000mm 1,830mm 88kg 20.14m2(スピン8.28m2

体験試乗・お問い合わせ